project×cropa- 「菊塵の」

鼻をつく畳のにおい。

ふと、左に倒れた枯山水が目に入る。

 

……

ああ、なんて重苦しい布団なのだろう。

鬱陶しいそれを一掃し、見当もつかぬこの地を散策しようと立ち上がる。

さて、まずは出口だ。

 

…扉と思われる四角い板を、押してみる。

開かない。

しかしまぁ、丸くて薄っぺらいノブだな。というか握れる取っ手(・・・)のことをノブというのではなかったか。

そして鍵穴までついていないのか。セキュリティがなっていない割になんという頑丈さ。

何なのだ、ここは。

 

感心とも苛立ともつかぬ刹那、

「はぅっ」

目の前の板に、置いていた右手を持っていかれる。

…開いただと!…そうか、スライド式だったのか!

と景味をおぼえる間もなく、

「むむ、何奴!」

「ぐふぉッ」

突如みぞおちに入った峰。意識を手放すには充分の苦痛だった。

 

 

 

 

「…ここらじゃ見かけない顔ですねぇ」

閉じた扇の先で顎をつと持ち上げ、まじまじと見つめるお顔は真剣そのもの。

「一体どちらからいらしたのです?」

柔らかい口調の陰に感じる刺は気のせいなのだろう。

「……クラウドという…星ですが」

「ふふ、そのまま答えれば良いというものではありませんよ」

邸主は満面の笑みを湛え、更に顎を持ち上げる。扇の親骨が刺さって痛い。

「……すいませんでした」

「おや、何故謝るのでしょう」

…駄目だ。敵わん。こいつ絶対ドSだ。

 

「え、えっと…」

どうにかこの状況から逃げ出そうと、必死に視線を泳がせる。

忍者と思しき出で立ちの側近に、救いを求めて目配せするも、ふいと背けられては元も子もない。

な……なん…だと…。

と同時に、

「…無礼者め!」

「ひゃぅっ!」

背後から脳天への衝撃。(すんで)の所で意識は留めたが、振り返る余裕もないままに痛みに耐える。

「さては余所者か!その髪、禁色と知りながら菊塵に染上げるとは何たる無礼!怪しからん、実に怪しからん!」

何なのだ。一体自分は何をしたというのか。怪しからんのはどちらだ。

「あ、あの!お言葉ですけどね!俺が何をしたっていうんです…」

顎に掛けられている扇子を吹っ飛ばす勢いで振り返り、次いで容疑者のような台詞を吐けば、後悔の念に苛まれた。

見下す紫に、背筋が凍る。

「………」

「………」

ああ、俺はこれから、どうなってしまうのか。

「おや、扇が飛んでいった」

そんな呑気な言葉も、もう耳には入ってこなかった。