百花斉放、村崎継承歌 1-1

世はお江戸、色も酣。

菊塵の袖にて口元を隠し、恍惚として微笑むその姿は妖しき女子(おなご)の如く。

「美しい」

盛りを終え散りゆく桜に、邸の主は顔を綻ばせた。

見上げる空に散る花弁。薄青に桜色がよく映える。

ひろい庭の隅、石池にまで降り注ぎ、数え切れぬ花びらが水面に張り付いた。

 

花も羞じらう華菖蒲、守り見るは侍従の(しのび)

黒装束を纏い、一心に主を見つめるその姿は凛々しく。

儚桜に心惹かれる美しき華にこそ、酔い痴れてならない。

 

何はともあれ、本日も平和である。

 

 

 

村崎武家屋敷、長屋の表。

「ござるっ!!」

菫色の長髪を振り乱し刀を振るうは村崎家一代の息子。

どこか幼さの残る顔立ちにも、乱れぬ志を窺い知れる精悍な表情。

昼食後の茶菓子(鯛焼き)を我慢したのは一目瞭然である。

散桜と舞うその姿は刹那、軒下にて茶を含む父親の目を奪う。

 

「成長したものだな、息子よ」

「…父上、この、刀が、しっくりきて、非常に、良いのでござるっ」

息子は休むことなく空を斬り続ける。確かに、その乱れ刃は村崎家に代々伝わる重き逸品。

「この父が褒めているのだ、謙遜などいらぬ…」

珍しく微笑む父に、毎度の威圧は感じられない。

 

 

「…もう、秋なのだな」

 

桜散る軒の下、湯呑に浮く花弁は蓮の如く。

ぽつりと呟いた仰ぐ眼差しは、ただ悲しげに揺れた。